櫻坂46 歌詞 解釈

櫻坂46「偶然の答え」の深い歌詞の意味を考察〜タイトルが表すものとは?「君」の気持ちは?〜

BAN (TYPE-A) (特典なし)

「偶然の答え」はどんな曲?

「偶然の答え」は櫻坂46の2ndシングル『BAN』に収録されています。

藤吉夏鈴さんがセンターを務めている曲で、好きな相手との予想外の出会いにドキドキする「僕」を描いたストーリーになっています。

この曲のMVは藤吉夏鈴さんの迫真の演技や、同性同士の愛情というストーリーなど、さまざまな観点から話題になり、たくさんの方が考察されています。

ストーリー性があるMVなので、そちらの考察も面白そうですが、既に多くの方が書かれていらっしゃるので、そちらはお任せして、今回はあくまでもこの曲の歌詞について考えてみます。

とはいえ、この歌詞自体にはそれほど謎は多くありません。

今回は、

■「君」の「僕」に対する気持ちは?
■タイトルの「偶然」の「答え」という言葉はどう解釈できるか?
■二人のエンディングは?

を中心に考えてみたいと思います。

目次

「君」と「僕」はそもそもどんな関係?

絶対 運命だって 僕が確信したのは
あんな人混みの中で君とばったり会ったこと

MVでは、女性同士の関係性が描かれていますが、歌詞の中の主人公は「僕」と言っており、「誰かに見られたら誤解されちゃうね」という歌詞もあることから、「僕」は男性、「君」は女性だと考えられます。

※ちなみにMVでは藤吉夏鈴さんの一人称は歌詞とは違い「私」です。

歌詞の中に「どうせならば僕たちはこのまま 付き合っちゃってもいいよね」という言葉があるように、まだ付き合うまではいっていないし、「僕」の気持ちを伝えてはいないことが分かります。(この言葉自体が軽い告白のニュアンスです)

そもそも「僕」の方も「自分のその秘密に気づかされる」 と、この日の出来事によって自分の恋心をハッキリと自覚しており、それまでは「かわいいなあ、綺麗だなあ」くらいの気持ちだったかもしれません。

では「君」の方は「僕」のことをどう思っているのでしょうか?

スペイン坂を降りて 帰ろうと思った時
階段を登って来た君と目が合った

僕たちはなぜだか 笑ってしまったね

「何でここにいるの?」お互いに驚いて
偶然の確率 計算しても答えは出ない

二人が出会ったのは「渋谷」の「人混み」の中で階段を通るほんの一瞬です。
そこで「君」に気づく「僕」の想いの強さを感じますが、それは「君」も同じです。

もしかしたら「僕」の驚いたリアクションなどで気づいたのかもしれませんが、この歌詞では同時に目が合って、お互いにすぐ気づいたように読めます。

ただのクラスメイトで「僕」の一方的な片思いなら「君」の方はこれほどすぐには気づいてくれないでしょう。

そしてスペイン坂→センター街→渋谷駅とだんだん駅に近くなるのも一つのポイントです。
「僕」は「帰ろうと思った」とあるので、予定通りの道ですが、「君」の方は出会った時は「僕」と反対方向に歩いており、まだ遠くの目的地があったと考えられます。

それをキャンセルして僕と一緒に地元に帰るか、センター街で遊ぶかに予定を変更していることから「君」も「僕」をただの友達以上に考えていることが伝わります。
この一緒に帰ってくれていることも「僕」の気持ちを後押しする一因になっているかもしれません。
(後半に続きます)

「偶然」の「答え」とは何を表している?

分かりそうで分からない言葉

「偶然」と「答え」という言葉はサビの中で二通りの形で出てきます。

偶然の確率 計算しても答えは出ない
偶然はいつでも何かの答え教えてくれる

1つ目はわかりやすく、二人が偶然会う確率なんかは計算で出せないくらい天文学的に低い数字で「奇跡的」だということを表していると読めます。

2つ目も「何かの答え」がハッキリとはしませんが、いつも「偶然の出来事」が「大切なこと」に気づかせてくれる、という文の意味は通ります。

ですが、「偶然の答え」とまとめると日本語としては難しくなります。
どう考えれば良いのでしょうか?

「偶然」とは「自分にとって重要だ」というサイン

偶然×自分の行動=必然(今の自分、今の人生)

私はこの「偶然の答え」とは上のような式を表しているのかなと考えました。

「僕」がこの日、一人で渋谷に行ったのも偶然。
「君」が渋谷に来たのも偶然。
二人が出会って、お互いに気づけたのも偶然。

様々な奇跡的な確率が重なったと言えますが、これって考えてみると、「自分にとって大事な意味がある」と思ったものにだけ意味づけをしているとも言えます。

日常で、
電車で知らない人に会うのも偶然ですし
クラスで誰かと席が隣になるのも偶然
コンビニのレジで知らない人に会うのも、何か本を読むのも、ご飯を食べるのも、
あらゆるものは全て「偶然」の連続と言えます。

「本を読む」や「ご飯を食べる」のは「偶然では無い!」という反論が当然あると思いますが、本を読んだ直後に、好きな人が「私、その本が好き!」と言えば、「偶然、自分も読んでいた!」となるでしょう。

ご飯を食べていた時に、もし普段いるはずの部屋が土砂崩れに飲まれたりしたら、「偶然助かった」となるでしょう。※どちらも極端な例ですが。

何が言いたいかというと、「偶然」という言葉は、日々の無数の分岐点の中で、その事に「重要な意味がある」と捉えている自分が使っているものであり、その「自分にとって重要だ」というサインでもあるということです。

この歌詞の「僕」にしても「君」に何も関心がなければ、すれ違っても「あっ、こんな所にも来るんだあ、へえ・・・」くらいで終わるでしょう。

そもそも気づかないかもしれません。

偶然はいつでも何かの答え教えてくれる
とは、「偶然~だったのに」と頭に浮かぶのは「自分にとって重要な意味がある出来事だ」というサインだということです。

しかし、「偶然」だけではダメで、そこに「自分の行動」がかけ算されて、初めて「答え」が出ると思います。

「僕」もこの出会いに浮かれるだけで何も行動しなければ、何も起こりません。

「僕」はこの「偶然」のサインをしっかりと捉えて、想いを伝えたからこそ、結ばれるという結果を手に入れることができるのです。

なんだかこんがらがってしまいましたが・・・

■結論■

■人生とは選択の連続であり、「偶然~」という感じ方は、「ここが重要な選択の分かれ目だよ」と教えてくれる。

■「偶然の答え」とは「偶然」という感じ方そのものが「今が大事」という「答え(サイン)」だという捉え方と、「偶然の答えは、その時の自分の行動次第で変わってくる」という捉え方が出来ると思います。

二人のエンディングは?

お互い確実に「気になっている存在」ではある二人ですが、この日の後はどうなったのでしょうか?

「この次会えるのは 必然であって欲しい」とあるように、「偶然」に頼らずとも待ち合わせをして、必ず会える関係になったのでしょうか。

実はこの歌詞には2種類の時間の視点が存在します。

最初の4行の

絶対 運命だって 僕が確信したのは
あんな人混みの中で君とばったり会ったこと
渋谷に出かけるなんて滅多にない僕なのに
あの日の予定変更して 一人で行ったんだ

とその後のWow・・・以降です。

最初の4行は「あんな人混み」「あの日」と現在から過去を振り返る形で語られています。

そこから「Wow・・・」は過去の回想シーンへと、タイムトラベルの役割を果たしていると言えます。(2回目の「Wow・・・」も時間と場所が少し変わっています。)

そこからは「ここで会った」「今日だけは」と視点が、当時の目線で語られています。

だとすれば、1行目で「絶対 運命だ」と「確信」しているのは、当時の偶然会った瞬間の「僕」も指すでしょうが、時が経った「現在の僕」もその「確信」を間違いなかったと振り返っていることが分かります。

※あの後上手くいかなかったとすれば、全然「運命ではなかった」ということになってしまいます。

この歌は、渋谷で出会った時から、時を経て、正式に付き合った時に振り返っているのかもしれませんし、もっと先の結婚の日などに二人で思い返しているのかもしれません。

「偶然」に「勇気ある行動」をかけ算して「運命」を引き寄せた「僕」と「君」のハッピーエンドが読み取れる歌でした。

最後に

いかがでしょうか?

少し冗長になってしまった部分もあるかもしれませんが、「長いな、そんなの当たり前じゃん」と感じられる方は元々かなり読解力がある人なのだと思います。

なるべく根拠を挙げながら書いたら、長くなってしまいました。ご容赦ください。

少しでも新しい発見があれば嬉しいです。

長文をお読みくださり、ありがとうございます。

Twitterもやっています

 櫻坂46の他の曲はこちら  ↓ 

櫻坂46全曲の深い歌詞の意味を考察!「Nobody's fault」から「As you know?」まで!〜曲名順とシングル・アルバム順に整理~櫻坂46は曲やダンスも良いけど、歌詞も良い!そんな歌詞が表す深いメッセージやストーリーについて全曲考察!更に深く歌の世界を知って、LIVEや日々のファン生活をもっと楽しみましょう!...